2013年07月08日

Windowsコマンドプロンプトでフォルダ配下の全ファイル内の文字列検索を行うコマンド

Windowsコマンドプロンプトでフォルダ配下の全ファイル内の文字列検索を行うコマンド

まず、検索対象パスへcdする。

んで、以下のコマンドを実行する。


for /f "usebackq" %i in (`dir /a-d /s /b 検索対象パス`) do find /i "検索文字列" %i


これで対象文字列を含むファイルを検索できます。
標準の検索ボックスを使っての検索は、はっきり言って、信頼性に欠けますからね。


■オプション簡易説明
・/f "usebackq" は``で囲まれたコマンドの出力結果を引数として扱えるするようにするオプション?

・dir /a-d /s /b は左から順に”ディレクトリを除く”、”サブディレクトリを含む”、”ファイル名のみ取得”というオプションで、/sと併用するとフルパスを取得する。

・find /i は大文字小文字の区別をしないオプション

これで全ファイル内文字列検索が可能であーる。便利ですよ。







posted by beranice at 13:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows:コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




【広告】



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。